生命保険加入の際に考えるべきこと

生命保険加入の際に考えるべきことがいくつかあります。

まず、生命保険に加入する目的です。

死亡したときのリスクに備える、入院による出費増額に備える、老後の生活資金に備えるなど、生命保険加入には目的があるかと思います。

その目的に即した保険を選ぶことです。

次に、生命保険に入ろうと思う理由は他の方法でまかなうことができないかどうかを考えます。

預貯金や公的援助でじゅうぶんな補償が得られると思うのであれば、無理をして保険に入る必要はありません。

さらに、保険は補償を得るための目的で、それ以外の目的ではないかということを考えます。

親戚や知り合いの付き合いで加入する、節税目的で加入するなど、保障以外の目的で加入すると、あとあとで保険料の負担が重くのしかかってしまいます。

また、保険料は家計と比べて重過ぎないかということも考えます。

将来に備えるのは大切なことではありますが、現在の家計を圧迫してまで備えることではありません。

このようなことを考えて保険加入を考えると良いでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です