生命保険の配当とは

生命保険の配当とは、保険料の払い込み金額に対して余剰金が出た場合にお金を返金してくれるものです。

すべての保険が配当があるというわけではありませんが、一部の保険では配当を受け取ることができます。

配当は大きく分けて通常配当と特別配当の2つに分けられます。

通常配当はさらに細かく、費差配当、死差配当、利差配当に分けられます。

費差配当とは、生命保険会社はあらかじめ会社の運用経費を予測した上で生命保険料を算出するのですが、最初の予想よりも経費が少なくて済んだ場合に行う配当のことです。

死差配当は、予想死亡率も保険料に影響するのですが、予想死亡率よりも実際の死亡率の方が少なかった場合に行う配当です。

利差配当とは、資金の運用利率が予想よりも大きかった場合に行う配当です。

特別配当とは、10年以上継続して保険をかけている契約に対して行われる配当のことです。

配当はすべての保険で行われているわけではありませんし、保険会社によって利率も異なります。

配当利率は新聞にも掲載されるので、保険を選ぶ際の参考にしても良いでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です