生命保険の見直し

生命保険は一度契約したら一生涯そのままでいいかというと、そうではありません。

特に、死亡保障についてはライフプランに変更があったときにはすぐに見直しをするようにしましょう。

生命保険を見直しするべきライフプランの変更はまず就職です。

就職することによって、親を扶養するようになったなどの場合は、死亡保障の増額が必要です。

次は結婚です。夫婦ともにフルタイムで働いていて、一方が死亡した場合でも生活に困らないような場合は大丈夫ですが、妻が専業主婦やパートなど夫の収入によって生計が成り立っている場合は死亡保障の増額が必要です。

次は子どもが生まれたときです。

子どもには教育費もかかってきますので、死亡保障を増額するべきポイントです。

また、減額するのを考えるポイントもあります。家を買ったときは団体信用生命保険に加入しますので、死亡保障を減らしても良いでしょう。

子どもが独立したときも、子どもにかかる費用がなくなりますので、減額することができます。

このように、ライフプランに応じて必要な補償額を過不足なく用意していきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です