生命保険と預金の違い

生命保険と預金はどう違うのでしょうか?

まず、生命保険は責任開始(申込書を出して保険会社が保険契約を認め、1回目の保険料納付が済んでから)は、必要となったときにすぐに保険金がおりますが、預金の場合はその金額を貯めようと思ったら、ある程度の時間を必要とします。

また、預金の場合は普通預金はいつでも出し入れ可能、定期預金でも最長でも5年程度です。

一方で生命保険は若いときに積み立てて老後にお金が戻ってくるなど、実際にお金を手にするまで時間がかかるものが多いです。

さらに、解約をした場合は預金の場合は預け入れた金額+利息は必ず返ってきますので元本割れということはありません。

しかし、生命保険の場合は掛け捨ての保険であれば一切戻ってくるお金はありませんし、貯蓄型と呼ばれる保険でも解約する時期によっては払い込んだお金ほどは戻ってこない元本割れということもあります。

そして預金は目的以外のものにも使うことができます。

住宅取得用に貯めようと思って始めたとしても、途中で教育資金に使うなどは個人の自由です。

一方、生命保険は契約時に定めた目的以外にはお金を手にすることはできません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です