保険金の請求方法

生命保険の保険金は、請求しなければもらうことができません。

保険会社の方は保険を支払うべきときだということは申請するまで分からないからです。

保険金を申請するのには期限があり、給付金を申請できる権利は申請すべき事由が発生したときから3年間有効です。

この期間を過ぎてしまうと、免責となってしまい、保険会社に保険金の支払い義務はなくなってしまうので、注意が必要です。

保険金の請求方法は、保険会社に連絡をして保険請求に必要な書類を取り寄せ、書類に必要事項を記入して提出します。提出の際には、医師の診断書が必要な場合もありますが、診断書用の書類は保険会社で指定された書類がありますので、先走って診断書を書いてもらわないことが大切です。

もし、先走って診断書を書いてもらうと、保険会社の書類にもう一度書いてもらわなければならなくなり、文書料が倍かかることになります。

保険金の支払いは、書類に不備がなければ、保険会社に書類が到着した日から5営業日以内に振り込まれることがほとんどです。

中には即日支払いを行ってくれる保険会社もあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です