保険料の支払いが一時的に困難になった場合

生命保険料の支払いが一時的に困難になった場合、すぐに解約を考えるのは早急です。

特に、予定利率の良いときに加入した生命保険は、再び契約したいと思ってもそのときの利率で契約することは不可能になりますし、年齢も上がっているので健康状態などの理由により保険に加入できなくなる恐れもあります。

契約している保険が貯蓄性のある保険の場合、解約払戻金を担保として自動振り替え貸付を受けることができます。

これは、保険料の納付がなかったときに自動的に貸付を行うものであり、その分、満期金や解約払戻金は減ってしまいますが保険を失効させてしまうことがなくなります。

また、契約している保険内容によっては、定期保険への変更という形で保障を変えることなく保険料納付の負担を軽減することもできます。

これは、解約払戻金を元に変更するものであり、保険料納付の負担が軽減できるばかりでなく、変更の時期によっては、解約払戻金を受け取ることもできます。

保険料の支払いが一時的に困難になった場合は放置して失効させてしまう前に保険会社に相談しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です