美白とは

美白とは、呼んで字の通り、「美しい白い肌」のことです。

くすみやしみのない真っ白なお肌は、誰でもあこがれますよね。

美白のもとになる肌の色は、メラニン色素の量で決まるといわれています。

紫外線にあたると、メラニン色素が生成されます。

このメラニン色素は、有害な紫外線がお肌の奥深くまで届くのを防いでくれています。

しかし、たくさんの紫外線を浴びてしまって、メラニン色素が大量に生成されたり、お肌のターンオーバーがうまく機能していなくて、メラニン色素の排出が正しくできなかったりすると、お肌に残ったメラニン色素が、くすみやしみをうみだすのです。

美白を目指す人にとって、紫外線は、「百害あって一利なし」とまで言われるほど、大敵なのです。